審美歯科の上手な選び方

審美歯科イメージ

歯を強く美しくする審美歯科は、クリニック選びが最重要!

歯を治療する一般歯科と違い、見た目の美しさと顔・口元のバランスを考えた治療を受けられる審美歯科。ドクターの技術や設備によって仕上がりが大きく左右される審美歯科の上手な選び方をご紹介します。

編集部おすすめの審美歯科クリニックを見る!

審美歯科は何をしてくれるところなの?

通常、歯科といえば虫歯を治したり、歯を削った部分をかぶせ物や詰め物で埋めたり、入れ歯を入れるなど、食べ物をよく噛めるようにするための「機能回復」をめざして治療する病院です。あくまで機能が正常化することが目的のため、治療した後の見た目の美しさや、周囲の歯との色の違いなどはあまり考慮されないことが多いものです。

一般的な歯科は健康保険が適用されますので安く治療ができますが、一方で口元の見た目の美しさが損なわれてしまい、「虫歯治療で銀歯を入れたら、口を開けた時に悪目立ちしてしまって、人前であまり笑えなくなった」「入れ歯の色が隣の歯の色とあまりにも違ってしまって、鏡を見るたび憂うつになる」といった思いをする人は少なくありません。

そこで注目を集めたのが審美歯科です。一般歯科が手がける機能回復のための治療だけでなく、美しい歯並びやこぼれる白い歯、口腔全体を考えたかみ合わせなど、歯や口元の自然な色形のバランスを整え美しい口元を生み出すための医療技術です。

歯に対する意識(デンタルIQ)が高い欧米で生まれた新しい歯科で、歯並びや歯の白さが仕事に大きく影響する芸能人やビジネスマンの間で浸透し、今では一般にも広く親しまれています。ただし健康保険が適用されない自由診療メニューも多く、治療費は一般歯科より高くなります。

良い審美歯科(歯医者)とは?

今は歯科が飽和状態の時代だと言われ、街には歯科クリニックがあふれています。審美歯科クリニックも例外ではなく、最近は増加傾向な上、メニューも似通っているので「キレイな歯にしたいけど、審美歯科の選び方がわからない…」という人も多いでしょう。

審美歯科は歯科医の免許があれば開業できますが、審美歯科の場合は歯を治療してよく噛める、よく話せるようにするだけでなく、見た目の美しさや顔全体のバランスを考えた総合的な治療が重要になります。そのため審美歯科の経験や実績をどれだけ積んでいるかが審美歯科の選び方のポイントとなります。

また、審美歯科のメニューの中で最も一般的なのは「ホワイトニング」と呼ばれる歯の漂白で、審美歯科=ホワイトニングと考えている人も多いようです。けれど真の審美歯科の目的は単なる表面の美しさだけでなく、歯並びを整えてよく噛めるようにしたり、さまざまな健康被害を生み出す顔や骨の歪みを整えたり、口腔内の環境を整えて健康的な口元を生み出すことなのです。

例え1本の歯だけの治療を受けたいと思っていても、トラブルの原因は別の部位にある可能性もあります。歯科治療はすべて、顔全体や体の健康状態をトータルで考えながら進めることが何より大切です。そのため審美治療はもちろんですが、口腔外科に強い医師、歯周病治療に長けた医師、麻酔の専門医など、様々な分野のプロフェッショナルが連携した総合歯科であることが、審美歯科の選び方の重要なポイントといえます。

審美歯科クリニックではココをチェック!

審美歯科を選ぶ時には、クリニックが審美歯科以外に一般歯科や矯正歯科、インプラントなどを持っているかをチェック。口や歯は体の健康を保つ、とても重要な器官です。歯やお口のトラブルが実はお口以外のところにある場合も少なくありませんので、総合歯科であるかどうかは治療後の仕上がりを大きく左右します。歯科だけでなく口腔外科、内科、皮膚科などがあれば、なおよし。

各クリニックではまず口腔内の状態を検査し、患者の希望を聞いてから治療方針や料金を説明する「カウンセリング」を初回に行います。カウンセリング無料のクリニックも多いので、まずは気になるクリニックに行ってカウンセリングを受けるといいでしょう。その際に不安なことや疑問点を確認し、納得いく答えがもらえるかどうかをチェック。逆に、ろくな説明をしないドクターや、治療を強引に勧めてくるクリニックは要注意です。

また、治療を担当するドクターの実績や、クリニックの症例数も信頼性を確認するチェックポイント。審美歯科は一般歯科とは別の知識や経験が必要ですし、ドクターの美的センスが仕上がりを決定づけます。審美歯科での実績がどれだけあるのか、常駐ドクターの人数、受けたい施術の症例数などを確認しておきましょう。ホームページにドクターのプロフィールや過去の症例を掲載しているところも多いので、クリニックに行く前にチェックしてみて。

それから審美歯科の選び方で忘れちゃいけないのが、料金の確認です。審美歯科は保険適用外の自由診療メニューが多いため、どうしても治療費が高額になってしまうのが実情。治療中に追加料金が発生して最終的に予算オーバーになってしまった…というケースもありますので、最終的に料金がいくらになるのか、治療前に説明してくれるクリニックを選ぶようにしましょう。

編集部おすすめの審美歯科クリニックを見る!

Page Top