虫歯があっても治療できるの?

審美歯科イメージ

審美歯科は虫歯を治してからが正解?

歯はキレイにしたいけど、実は虫歯もある…。審美歯科は虫歯を治してからじゃないとできない?それとも、先に歯を白くしてから虫歯治療することもできる?審美歯科に関する素朴なギモンや、治療にあたっての心得をご紹介します。

編集部おすすめの審美歯科クリニックを見る!

虫歯や歯周病がある場合、審美歯科ではどうするの?

歯をキレイにしたいと思った時に「普通の歯医者さんとは違うみたいだから、審美歯科に行く前には虫歯の治療を先にやったほうがいいのかな?」と迷う人も多いでしょう。虫歯がある場合は、やはりまず虫歯や歯周病などの治療を行ってから、審美歯科の施術に入る、といった流れが一番です。

一般的に、虫歯など全般の治療をしてくれるのは「一般歯科」と呼ばれる歯医者さんです。一般歯科も審美歯科も、治療にあたるのは同じ免許を持った歯科医師なので、原則として審美歯科でも虫歯や歯周病などの治療は「できる」はずですが、実際は「審美歯科専門医」も多く、虫歯があると「一般歯科で治療してから来てください」と言われてしまうことも。

とくにホワイトニング専門サロンなどでは、虫歯や歯周病の治療は受け付けないことが多く、その場合は他の歯科で別途治療を受けることになります。しかしクリニックによってはホワイトニングやセラミック治療などの仕上がりの美しさを追求するために、審美歯科とは別に一般歯科や歯周病外来を併設しているところもあります。
専門クリニック、総合歯科、どちらも良いところはありますが、口の中をトータルでキレイにする、という目的がより果たせるのは、間違いなく総合歯科です。口元の見た目の問題も、元をたどればまったく別のところに原因がある場合も少なくありません。そういう意味では、理想的で健康な美しい歯を手に入れるには、審美専門ではなく、口腔全体のことを何でも相談できる・すべて改善してもらえる総合歯科であることがのぞましいと言えるでしょう。

ホワイトニングに向かない歯は?

審美歯科では虫歯やひび割れのある人や、歯周病の人、知覚過敏の人など、お口に何らかのトラブルを抱えている人はホワイトニングを断られる場合があります。ホワイトニングをしたい人は、まず治療を終えることが先決です。

また、インレー(詰め物)やクラウン(差し歯)が変色してしまっている場合、ホワイトニングでは白くすることは出来ません。こうした場合には、クラウンやラミネートベニアなどの方法で歯を白くする必要があります。
テトラサイクリン歯などで歯がとても変色してしまっている場合や、金属による歯の変色、歯の神経(歯髄)が死んでしまっている歯についても、ホワイトニングでは十分な効果が得られないことがあります。
ホワイトニングで十分な効果が得られない場合も、クラウンやラミネートベニアによる治療が必要となる可能性があります。
また、呼吸器に疾患のある人や、ホワイトニング薬剤にアレルギー反応が出る人、妊娠中や授乳中の人もホワイトニングに向きません。
ホワイトニングはヘアカラーをするのと同じように、歯に薬剤を塗って白くするという施術です。薬剤にかぶれたり、痛みや腫れなどのアレルギー反応が起きる場合もあります。最近はインターネットで安価にホワイトニングキットを買うことができますが、必ず専門の歯科医のカウンセリングを受けて、体に負担のかからない治療法を探してください。

保険で出来る審美歯科治療、できない審美歯科治療

審美歯科のメニューでよく混同してしまうのが「ホワイトニング」と「クリーリング」の違いです。また「クリーニング(PMTC)」と書かれている場合もあります。それぞれの違いを把握しておきましょう。

● ホワイトニング

ホワイトニング薬剤を使って歯を白くする施術です。歯科で行うホームホワイトニングと、自宅で行うオフィスホワイトニングがありますが、いずれも保険適用外のため自費診療となります。専用薬剤を歯に染みこませることで白くする方法で、仕上げたい色味を調整することができます。

● クリーニング

歯の表面についている歯石や歯垢を手作業で取り除く作業。いわゆる「お口の中の掃除」で、健康保険の適用内でできます。審美歯科では虫歯や歯周病の原因となる歯石や歯垢を施術前にクリーニングしておき、口腔内を清潔にするのが一般的。歯の汚れがひどい場合は、ベテランドクターや歯科衛生士がハンドスケーラーと呼ばれる専用機器を使ってクリーニングを行いますが、この場合は数回の通院が必要となります。表面の汚れが取れるため多少は明るい色になりますが、基本的にはクリーニングだけで歯が白くなることはありません。

● PMTC

Professional Mechanical Tooth Cleaningの略。専用の機械とフッ素入り研磨剤を使って、歯の表面や歯周ポケットを掃除するクリーニング方法です。歯周病の原因となる歯と歯肉の隙間までしっかりキレイにできるので、より健康でツルツルの歯になります。審美歯科では虫歯や歯周病、口臭予防として施術メニューに加えています。こちらは虫歯や歯周病がある人の場合は治療目的として保険適用になりますが、虫歯や歯周病がなく、予防目的で行う場合は自費診療となります。

編集部おすすめの審美歯科クリニックを見る!

Page Top