審美歯科で治療出来るコトセラミックのギモン

審美歯科のセラミック治療について知りたい!

審美歯科の「セラミック治療」は、なくした歯のかわりに自然な歯に近い人工歯を入れたり、歯の変色が気になる人、歯並びをよくしたい人などに選ばれている治療法です。セラミック治療の特徴や手法、治療費相場、メリット・デメリットなどをご紹介します。

編集部おすすめの審美歯科クリニックを見る!

セラミック

セラミックとは?

セラミックとは、お皿やティーカップなどに使われている陶器のこと。審美歯科のセラミック治療とは、陶器を使って差し歯やかぶせ物、詰め物などを作る治療法のことを指します。セラミックは光を通すため、透明感があり、より自然な歯に近い質感やツヤを出せるため、審美歯科の中でも非常に人気の高いメニューです。100%セラミックで作ったオールセラミックや、人工ダイヤにセラミックを焼き付けたジルコニアセラミック、金属フレームにセラミックを焼き付けたメタルボンド、薄いセラミックを歯の表面に装着するラミネートベニアなど、さまざまなタイプがあり、希望や予算に応じて選ぶことができます。

  • 費用の相場

    審美歯科のセラミック治療費は、どのタイプを選ぶかによって大きく異なります。オールセラミッククラウンが12万〜20万円、メタルボンドクラウンが8万〜12万円、ハイブリッドセラミッククラウンが8万〜12万円、ラミネートベニアが5万〜13万円程度がおよその相場価格となります。

  • 治療回数目安

    審美歯科でセラミック治療を受ける場合は、まず初回に口内の検査とカウンセリングを行い、虫歯などがあれば治療を行います。次にセラミックを入れる部分の歯形を取り、差し歯や詰め物ができあがったら装着して完了。だいたい3〜4回がセラミック治療の通院回数の目安となります。

  • メリット・デメリット

    セラミックは光を通して透明感がでるため、より自然な歯に近い質感やツヤを出すことができることが最大の魅力。またセラミックを入れると虫歯になりにくくなり、黄ばみにくくなることもわかっています。ただセラミックを入れるには歯を一部削る必要があることや、セラミックを多く使うほど割れやすくなるというデメリットも。

こんな方におすすめの施術です

  • 自然な歯に近い透明でツヤのある歯を入れたい
  • 歯並びをきれいにしたい
  • できるだけ歯を削りたくない
  • 金属アレルギーがある
  • 前歯、小臼歯の見栄えをよくしたい
  • 歯を長持ちさせたい

銀歯などの金属を使った歯科素材は、金属アレルギーの人が入れると歯茎が黒ずんでしまうことがあります。その点セラミックは金属アレルギーの心配がなく、体に負担をかけずに自然な風合いの歯を入れることができます。特に前歯など、歯並びの中でも目立ちやすい歯にセラミックを使う人が多いようです。またセラミックは銀歯より土台の歯が虫歯になりにくく、黄ばみにくいことが研究結果で判明しています。

セラミック体験者の口コミ・評判

  • セラミック体験者の口コミ

    前歯をオールセラミックに。誰にもバレてません!

    前歯が欠けてしまい、保険適用にするか自由診療にするか先生と相談したのですが、丁寧に説明してもらい、セラミッククラウンを入れることにしました。
    とてもきれいな仕上がりになって、人工の歯だと誰も気づかないみたい♪技術の進歩に感謝です(笑)。

  • 口コミ

    母のセラミックが自然でビックリ!

    家族全員が歯医者に通院しているんですが、母がセラミックのかぶせ物にしてもらって、目立っていた銀歯がなくなっただけで笑顔がとてもキレイに見えてビックリしました。
    ここがセラミックだよと見せてもらった歯も本当に自然で、言われても全然分かりません。

セラミックのギモン

ギモン

金属アレルギーだけど、大丈夫?

かぶせ物や詰め物に銀歯などの金属を使うと、唾液によって口の中に成分が溶け出して銀歯のまわりの歯茎が黒ずんだり、口の中や唇が赤くなるなどのアレルギー反応を起こすことがあります。審美歯科のセラミックはメタルボンド以外は金属を使っていないため、こうした金属アレルギー起こさないため、体に負担がかからないことで知られています。金属アレルギーであることがわかっている人は、セラミック治療をおすすめします。

ギモン

たくさんある種類の選び方は?

審美歯科のセラミック治療にはさまざまなタイプがあるため、何を重視するかによって選ぶことが大切です。見た目の美しさや、体との親和性を重視するならオールセラミックがダントツ。耐用性で選ぶなら、メタルボンドがよさそうです。価格で選ぶならラミネートベニアやセラミックインレー、安さと耐久性を両立させるならハイブリッドセラミックなど、それぞれの違いをドクターに聞いて確認し、どれが自分にとってベストなのかを相談してみましょう。

セラミックのギモンをもっと見る!

編集部おすすめの審美歯科クリニックを見る!

Page Top