審美歯科で治療出来るコト

審美歯科で治療出来るコト

セラミックのギモン
前歯をオールセラミッククラウンにした際のメリット・デメリットは?

オールセラミッククラウンは、いずれの歯にも施すことが可能な治療法。ただ、中でも特に前歯に施すことのメリットは大きいとされています。ここでは前歯をオールセラミッククラウンにすることのメリット、デメリット、および治療費の相場等について解説します。

セラミック治療が得意なクリニックを見る!

オールセラミッククラウンとは

質を歯にかぶせる歯科治療のこと。セラミックは自然界に存在するものではなく、人間が人工的に作り上げるものなので、白くしたり透明にしたり強度を調整したりなど、様々な加工が可能です。

オールセラミッククラウンで前歯を治療する場合は、審美性を考慮してセラミックを自然な白色に仕上げたり、また、奥歯を治療する場合は、かみ合わせを考慮してセラミックの強度を上げたりなど、患者の希望に応じて様々な加工を施すことができます。

前歯をオールセラミッククラウンにするメリット

前歯をオールセラミッククラウンにするメリットを見てみましょう。

白くて自然な前歯にすることができる

人が口を開けたとき、もっとも目につく歯は前歯です。前歯を白く自然な歯とすることで、その人が与える全体的な印象が良くなるでしょう。オールセラミッククラウンは、色を自在に加工することができるので、その人に合った自然な白さのセラミックをかぶせることが可能です。

前歯を希望の色にすることができる

オールセラミッククラウンなら、もともとの自分の歯の色に近づけることもできれば、希望に応じて別の色にすることも可能です。本来の自分の歯の色よりも少しだけ白くするなど、色を微調整してもらう患者も少なくありません。

変色しない

人間の歯は、歯磨きの精度や飲食物の影響などによって、徐々に変色することがあります。一方でオールセラミッククラウンに使用されているセラミックは、基本的には陶器素材。同じく陶器でできた茶碗などを想像すれば分かると思いますが、長期にわたり同じ色を維持することができます。

金属アレルギーのリスクがない

金属を口に入れると、唾液によって金属の成分が流れ出します。その金属成分が徐々に蓄積したとき、突如として金属アレルギーを発症することもあります。オールセラミッククラウンに使用されているセラミックは金属ではないので、金属アレルギーのリスクは一切ありません。

歯茎が黒くならない

歯科治療に際して金属を埋め込んだ場合、または、金属をかぶせた場合、少しずつ金属の成分が歯茎に漏れ出して、やがて歯茎が黒ずんでしまいます。この黒ずみはタトゥーと同じ原理で歯茎に浸透するため、研磨しても除去できるものではありません。それに対してオールセラミッククラウンは金属ではないので、歯茎が黒くなる心配はありません。

虫歯になりにくい

オールセラミッククラウンは、患者の歯の状態に応じ、コンピューター設計で精度高く製作されます。わずかな隙間もないため、将来的に虫歯になるリスクは低いとされています。

オールセラミッククラウンのデメリット・注意点

メリットの多いオールセラミッククラウンですが、いくつかのデメリット・注意点もあるので確認しておいてください。

強度は金属に劣る

セラミックには金属アレルギーの心配がない反面、強度においては金属に劣ると言わざるを得ません。セラミックの加工過程で強度を上げることはできますが、金属ほどの強度に仕上げることが不可能です。ただし、天然歯に比べれば強度は高いと言われています。

セラミックにも経年劣化はある

オールセラミッククラウンは長持ちする、という触れ込みが多く見られます。確かにそれは間違いではないのですが、とは言え半永久的に持つわけではないので、誤解のないようにしましょう。一般的には、治療から7~10年後には再治療が必要になると言われています。ただし、口内環境を丁寧にメンテナンスすることで寿命を2倍、3倍に延ばすことも可能です。

他の歯の治療の影響を受けることがある

オールセラミッククラウンを施したのち、他の天然歯の治療・抜歯などを行なうと、かみ合わせにかかる全体的な力のバランスが変わって、いずれかの歯に何らかの不具合が生じる可能性があります。もちろん、これは天然歯同士でも起こる可能性があるリスクです。発症した場合には、歯科医院でかみ合わせの修正治療などを受ける必要があります。

オールセラミッククラウン治療の費用と期間

オールセラミッククラウンは、どの歯を治療するかによって、費用や治療期間(治療回数)が異なります。主な歯の平均的な治療費、および治療期間(治療回数)を見ていきましょう。

前歯の場合

治療費の平均:1本90,000~180,000万円

治療回数:2~5回

小臼歯の場合

治療費の平均:1本70,000~180,000万円

治療回数:2~5回

大臼歯の場合

治療費の平均:1本70,000~180,000万円

治療回数:2~5回

オールセラミッククラウンを施す際、単にセラミックをかぶせるだけで治療が終わりではありません。土台や仮歯も必要となってきます。土台は1本平均15,000円、仮歯は1本平均5,000円程度がかかります。これらの費用も含めた総額が、上記の金額となります。

セラミックのギモンをもっと見る!

編集部おすすめの審美歯科クリニックを見る!

Page Top