審美歯科で治療出来るコト

審美歯科で治療出来るコト

セラミックのギモン セラミックの歯の値段相場は?

セラミックの歯の値段は選ぶクラウンのタイプによって大きく変動しますし、基本的に自由診療のためクリニックによっても料金がかなり変わります。まずはセラミックの歯の値段相場を把握して、どのクリニックでどのタイプのセラミックを使うかを考えましょう。

セラミック治療が得意なクリニックを見る!

セラミック治療の値段相場

セラミック治療は歯をより美しく見せるための治療のため、基本的には自由診療となり、クリニックによって値段が異なります。また採用するメーカーや材質、技工士の技術料、仕上がりの精度の高さをどこまでこだわるかによっても変動が大きいので、一概に高いからいいとも言い切れません。まずは費用相場を知って、各クリニックの料金を比較検討するといいでしょう。

セラミックの歯で値段が最も高いのは、オールセラミッククラウンです。透明感があり自然な歯に最も近い審美性の高い治療ですが、お値段がはるため金銭面で治療を断念する人もいます。逆に安いのはラミネートベニアやセラミックインレー。歯の一部をセラミックで埋める治療のため、金額的にはグッとおさえることができます。

セラミック(陶器)だけを使ったタイプです。光を通して透明感が高く、自然な歯とほとんど見分けがつかない仕上がりになるということで、セラミックの歯の中でも特に人気です。ただ陶器の性質上、割れやすいのが難点です。

メリット
金属アレルギーが起きない
虫歯になりにく素材
変色しにくい

デメリット
割れやすい
歯への負担
医師の技術力によって仕上がりの差がでる

適した症例:前歯の治療

人工ダイヤモンドであるジルコニアの上にセラミックを焼き付けたタイプです。ジルコニアは金属同様の強度があるため、割れやすいセラミックを補強する役割を持っているだけでなく、白い素材を透き通らせることで自然な歯の透明感を生み出すことができます。

メリット
透明感のある仕上がり
人工ダイヤモンド素材による強度のため、歯を削る面積を抑えることができる
軽いひびなどの自己修復機能

デメリット
複雑な形の加工が難しく、インレーには向いていない

適した症例:ブリッジやクラウンなどの差し歯、インプラントの上にかぶせる歯など

二ケイ酸リチウムガラスを主成分とした歯科セラミック材料「e.max(イーマックス)」を使ったタイプです。ジルコニアに比べて曲げ強度に優れ、長期間使うことができる耐用性の高いセラミック素材を使用しています。

メリット
オールセラミックの中で最も透明度が高い
金属アレルギーが起きない
天然歯に近い素材なので、歯や歯肉を傷めない

デメリット
歯を削る量が比較的多い
ブリッジに使用できない
コアの色が透ける

ハイブリッドレジンとも呼ばれ、レジン(歯科用プラスチック)にセラミックの粉末を混ぜ込んだタイプです。硬さに優れている反面歯を傷つけやすいセラミックと、柔軟だけど変色しやすく壊れやすいレジンの特性を補い合う進化型セラミックです。

メリット
オールセラミックと比べると他の歯への負担が少ない

デメリット
割れたり、かける可能性がある
年数がたつと変色する

薄いセラミック素材を歯の表面に貼り付ける治療法です。歯の表面を薄く削り、オールセミックやハイブリッドセラミックでできた薄片を装着します。

メリット
自然な仕上がりで他の歯になじませることができる
クラウンと比較して削る量が少ないため、治療が短期間となる

デメリット
噛み合わせや歯ぎしりなどで、割れる可能性がある
噛み合わせ・歯並びなどの条件ではできない場合がある

適した症例:歯の色が変色している場合、気になる歯が1本ある場合、すきっ歯など形を治療したい場合

金属の表面にセラミックを焼き付けたものを歯に装着する治療法です。金属を使っているため強度が高く、奥歯の治療などに利用されます。

メリット
耐久性が高い

デメリット
歯茎が黒ずむ可能性がある
金属アレルギーが起きる可能性がある

セラミック矯正のメリットとデメリット

セラミック矯正には多くのメリットがありますが、一方で避けられないデメリットもあります。歯列矯正を検討中の方は、セラミック矯正も含め様々な矯正方法のメリット・デメリットを比較したうえで矯正方法を選ぶようにしましょう。

●セラミック矯正のメリット

  • 他の矯正法に比べて審美性が高い

    たとえば、最も一般的な歯列矯正であるブラケット矯正の場合、一つ一つの歯にブラケットと呼ばれる器具を装着し、歯列を横断するようにワイヤーを通します。口を開けるたびにブラケットやワイヤーが露出するため、審美性の問題が避けられません。一方でセラミック矯正の場合は、ワイヤー等の目につく矯正器具はありません。周囲には、矯正していることが分からないでしょう。

  • 一般的なブラケット矯正に比べると、矯正する期間が短い

    ブラケット矯正の場合、矯正治療が終了するまでに3年程度はかかります。それに対してセラミック矯正の場合、歯を移動させる治療方法ではないため、わずか1~3ヶ月で矯正治療が終了します。矯正期間が短ければ短いほど、その間に抱える様々な心理的負担が軽減されるでしょう。

  • 歯並びだけではなく、歯の色や形も変えることができる

    セラミック矯正は、既存の歯の表面を削ってセラミックをかぶせる矯正法。患者の希望によって、かぶせるセラミックの色や形を選ぶことができます。現在、白いセラミックや透明なセラミックなど、様々な色のセラミックが登場しています。

セラミック矯正のデメリット

  • 健康な歯を削る必要がある

    セラミックをかぶせるために、かならず自分の歯を削らなければなりません。状態によっては抜糸や神経の治療を必要とする場合もあります。

ワンポイントアドバイス

セラミックの歯の値段をどう考えるかは、「どれだけ見た目の美しさにこだわるか」次第と言っていいでしょう。より自然な仕上がりにしたいと思えば値段も上がっていきますし、表面だけでいいやという人はインレーなどですませる方法もあります。治療には健康な歯を削る必要もあるので、慎重に選ぶことをおすすめします。

  • Question

    なぜセラミックは保険が効かないの?

    歯科で健康保険が適用されるのは、それが「治療」であるかどうかによります。虫歯や歯周病の治療や、銀歯やブリッジなどの装着は保険適用となりますが、「より美しい歯にしたい」「もっときれいな歯並びにしたい」といった見た目の美しさを追求した治療の場合は、保険適用外の扱いになります。
    セラミックは歯をより美しく見せるための素材のため、基本的には保険適用外になります。そのため、残念ながらセラミックの歯は値段がどうしても高くなってしまうのです。

  • Question

    セラミック治療は医療費控除を受けられる?

    セラミック治療をはじめ審美歯科の治療は、すべて医療費控除の対象になります。10万円以上の費用がかかった場合は、税務署に確定申告することで治療費の一部が戻ってきます。セラミック治療は比較的高額な治療ですので、必ず申請することを忘れずに!
    医療費控除を受ける場合は、治療費の領収書を提出する必要があります。なお医療費控除は治療費だけでなく薬代、クリニックまでの交通費も含まれますので、通院した日付や料金などは必ずメモして残しておきましょう。また歯科ローンで分割払いにした場合も、ローン代金が対象となります。

セラミックのギモンをもっと見る!

編集部おすすめの審美歯科クリニックを見る!

Page Top