審美歯科で治療出来るコト

審美歯科で治療出来るコト

セラミックのギモン セラミッククラウンってなに?その特徴

セラミッククラウンは、セラミック(陶器)を使って作られた人工歯やかぶせ物のことをいいます。セラミックだけを使ったものから最新素材で補強したものなど、さまざまなタイプがあります。セラミッククラウンの特徴をご紹介し、ギモンにお答えしましょう。

セラミック治療が得意なクリニックを見る!

「セラミッククラウン」とは何か?

セラミック(陶器)を使って作られた人工歯、差し歯、かぶせ物のことを「セラミッククラウン」といいますが、セラミックは光を通して透明感があり、より自然な歯の色合いや質感を生み出すことができるということで、審美歯科では特に人気の高いメニューです。

セラミッククラウンの中で最も人気なのが、「オールセラミッククラウン」。セラミックだけを使って作り上げたクラウンで、透明感やツヤ感などが自然な歯に最も近いといわれています。ただ、セラミックは性質上とても割れやすいため、さまざまな素材を使って補強したセラミッククラウンが生み出されました。

たとえば、人工ダイヤモンドであるジルコニアの上にセラミックを焼き付けた「ジルコニアクラウン」です。ジルコニアは金属同様の強度があるため、割れやすいセラミックを補強する役割を持っているだけでなく、白い素材を透き通らせることで自然な歯の透明感を生み出すことができます。

また、二ケイ酸リチウムガラスを主成分とした「イーマックスクラウン」も耐用性に優れた最新のセラミッククラウンとして注目されています。

ワンポイントアドバイス

セラミッククラウンは種類が豊富で、ハイブリッドセラミックやイーマックスなど、新しい材質もどんどん開発されています。希望や費用に応じてタイプを選ぶことができますので、それぞれの違いをよく聞いて、ドクターに仕上がりイメージなどをきちんと確認しておきましょう。

  • Question

    セラミッククラウンが出来ない人はいる?

    基本的に虫歯が広範囲にある人や、歯周病のある人は、セラミッククラウンを装着することができません。また歯ぎしりの激しい人や、上の歯の先端が下の歯に当たってしまう受け口の人は、せっかく着けたセラミックを傷つけたり破損してしまう可能性があるため、治療ができない場合があります。

  • Question

    クラウンがぐらつき始めたらどう対処すればいい?

    適切に装着したセラミッククラウンは簡単に外れるものではありませんが、もしぐらぐらしているようでしたら虫歯や歯周病など、土台になっている歯に何らかのトラブルが起きている可能性があります。また、歯ぎしりが激しい人や、固いものを好んでよく食べる人は、セラミッククラウンに負荷がかかりやすくなり、ぐらつきが起きる場合もあります。 その場合は放置せず、できるだけ早く歯科医に診てもらうことをおすすめします。

セラミックのギモンをもっと見る!

編集部おすすめの審美歯科クリニックを見る!

Page Top