審美歯科で治療出来るコト

審美歯科で治療出来るコト

セラミックのギモン
最先端素材「イーマックス」の特徴とは?

近年、多くの歯科治療の現場で導入されている進化型セラミック素材のイーマックス。ここでは、イーマックスの特徴やメリット・デメリット、また、同じく話題の素材「ジルコニア」との違いについて詳しく解説します。

セラミック治療が得意なクリニックを見る!

イーマックスとは

イーマックスとは、言わばオールセラミックの最新版で、強度、審美性ともに従来のオールセラミックをしのぐ特性を持った素材です。その強度と審美性という特性から、クラウン(被せもの)やインレー(詰め物)としてはもちろん、ラミネートべニア(前歯前面などへの貼り付け)にも使用できるなど、その汎用性の高さが大きな特徴です。 強度はちょうど天然歯と同じ程度。ジルコニアとは違い、硬すぎて他の歯を傷つけることもありません。治療費は従来のセラミック治療と同じ程度なので、昨今では多くの歯科治療現場でイーマックスが用いられるようになってきました。

e.maxで行う治療

e.maxを用いて行う歯科治療には、e.maxクラウンとe.maxインレーの2種類があります。

e.maxクラウン

クラウンとは、言い換えれば被せ物のこと。よってe.maxクラウンとは、e.max素材を使った被せ物の治療を差します。金属を一切使わないため、歯の退縮等による審美性の劣化を防ぐことができます。

e.maxインレー

インレーとは、言い換えれば詰め物のこと。よってe.maxインレーとは、e.max素材を使った詰め物治療を差します。変色がほとんどなく、審美性にすぐれている点が特徴です。

イーマックスのメリットとデメリット

進化型のオールセラミック素材、イーマックスには、たくさんのメリットがあります。一方でデメリットもありますので、他の素材とよく比較したうえで使用を検討してみましょう。

●イーマックスのメリット

  • オールセラミックの中では、もっとも審美性が高い

    透明感などの審美性にすぐれていることが特徴のオールセラミックの中でも、イーマックスは白さ・透明感のいずれにおいても、もっとも審美性が高い素材と言われています。

  • 適度な強度なので他の歯を傷める心配がない

    歯は、強度が強ければ強いほど良いというものではありません。ジルコニアのように金属よりも硬いとされる素材では、かみ合わせの強い人、かみ合わせの悪い人などは、他の歯を傷つけてしまう恐れもあります。その点、イーマックスは天然歯とほぼ同じ程度の強度。他の歯を傷つけるリスクがありません。

  • 金属使用による様々な弊害がない

    金属素材を用いた治療の場合、金属アレルギーや歯茎の黒ずみなど、様々な弊害が生じることがあります。イーマックスはセラミック素材(陶器)なので、金属素材に見られるようなデメリットはありません。

●イーマックスのデメリット

  • 他の歯との審美性にアンバランスが生じることがある

    イーマックスは審美性が高すぎるので、人によってはイーマックスの美しさだけが際立ってしまい、他の歯との審美性においてアンバランスが生じてしまうこともあります。

  • 技工士の力量に仕上がりが左右される

    イーマックスは技工士の手作業によって作られます。また、作業工程において削る部分が比較的多いため、適合や色調などの仕上がりが技工士の力量に左右されることもあります。

  • 保険が適用にならない

    イーマックスは自由診療なので、保険の適用にはなりません。治療にかかる費用は、全額患者の自己負担となります。

イーマックスがおすすめの方

イーマックスの最大の特徴は審美性の高さです。そのため、歯を美しく見せたい方には、ぜひイーマックスをおすすめします。具体的には、次のような人はイーマックスを検討してみても良いでしょう。

  • 金属の被せもの・詰め物を白くしたい人
  • ホワイトニングでは十分な白さが得られないと感じた人
  • 過去の被せもの・詰め物が変色してきた人

また、イーマックスはセラミック素材なので、金属アレルギーにお悩みの人にもおすすめです。

イーマックスとジルコニアの違いは?

金属、一般的なセラミック、ジルコニアの違いを項目別にまとめました。

●治療費

イーマックスの治療費は、ジルコニアに比べて安めです。ジルコニアの場合は1本90,000~200,000円であるのに対して、イーマックスの場合は1本70,000~150,000となっています。

●審美性

イーマックスの審美性は、歯科治療に使う人工素材の中で、もっとも高いとされています。ジルコニアの白さや透明感は、いたって普通です。

●素材の強度

強度はジルコニアのほうが圧倒的に高くなります。ジルコニアの強度は天然歯や金属より硬め。それに対してイーマックスの強度は天然歯と同程度とされます。

●治療に適した部位

イーマックスは、奥歯のブリッジを除いて、基本的にはどの部位にでも使用が可能です。ただし、審美性が高すぎることから、前歯には適していないとする歯科医もいます。審美性については、患者本人が判断すべきことでしょう。一方、ジルコニアは、審美性はさほど高くないものの、強度は最高レベル。かみ合わせの際にもっとも力が加わる奥歯に向いているでしょう。ジルコニアなら奥歯のブリッジも可能です。

e.max治療の注意点

高い審美性・強度が特徴のe.maxですが、治療を検討する際には次の点に注意しましょう。

審美性が高すぎるがゆえに審美性が損なわれることがある

e.maxの透明度は非常に高く、その審美性は大きな特徴となっています。しかしながら、天然歯のすべてがe.maxに匹敵するほど透明度が高いとは限りません。そのため歯の全体観の中で、e.maxだけ浮いて見えることがあるので注意してください。通常、周りの歯との外観を統一させるため、e.max専用のセラミックを表面に盛り付けるなどして色調調整をします。

使用できない部位もある

高い強度を誇るe.maxとは言え、奥歯などの強い噛み合わせが必要な部位では破損する危険性があるため、使用できません。また3本以上の長いブリッジにおいても、噛み合わせによって折れる可能性があるので、使用不可となっています。

医師や技工士の技術力で仕上がりが変わる

e.maxの精度、強度、寿命などを左右する要因に、歯科医師や技工士の技術力が関わっていることは否定できません。症例の豊富なクリニックのもとで治療を受けるべきです。

セラミックのギモンをもっと見る!

編集部おすすめの審美歯科クリニックを見る!

Page Top