審美歯科で治療出来るコト歯茎・歯肉再生のギモン

審美歯科でできる歯茎・歯肉再生治療って何?

年齢とともに歯茎が下がったり痩せてしまった時に検討したいのが、審美歯科での歯茎・歯肉再生治療。でもそもそも歯茎や歯肉が下がってしまう原因って何?どんな治療法があるの?費用はどのくらい?など、審美歯科の歯茎・歯肉再生治療についてくわしくご説明します。

編集部おすすめの審美歯科クリニックを見る!

歯茎・歯肉再生

歯茎・歯肉再生とは?

美しい口元に必要なのは白くて形のよい歯、整った歯並び、そしてピンクの歯茎です。健康的な歯茎は若々しい印象を与えますし、歯の治療でも土台となる歯茎がしっかりしていることが大前提。ところが年齢とともに歯茎が下がったり、歯周病が進行して歯茎や骨が痩せてしまったり、タバコや赤ワインなどの刺激物で歯茎が黒ずんでしまうことが…。こうした症状を放置していると歯がぐらついたり、かぶせ物の形が合わない、知覚過敏になる、歯周病が悪化する…といったトラブルが起きてしまうのです。そこで頼りになるのが審美歯科の歯茎・歯肉再生治療。移植手術によって歯茎のスキマを埋めたり、レーザーなどで黒ずみを除去するといった治療を受けることができます。特にインプラントを入れたいけど歯茎の量が足りない人が多く利用しています。

  • 費用の相場

    別の部位から歯肉を移植する遊離歯肉移植術(FGG)、歯肉の中の結合組織だけを移植する結合組織移植術(CTG)、骨の再生を促す歯周組織再生誘導法(GTR)など、審美歯科の歯茎・歯肉再生治療はトータル5〜10万円ほどが相場といったところ。保険が適用される場合もありますので、クリニックにご相談ください。

  • 治療回数目安

    審美歯科での歯茎・歯肉再生治療は、手術自体は1時間もかからないもので、痛みや腫れもそれほど強くありません。ただ手術後は2〜3回の消毒のため通院することになり、定期的なメンテナンスが必要になります。1ヶ月ほどで歯茎が安定するのが一般的。トータルで考えると通院は5回ほどになると考えておきましょう。

  • メリット・デメリット

    下がったり変色した歯茎をよみがえらせる審美歯科の歯茎・歯肉再生治療は、特にインプラントを入れたい人には検討しておきたい治療です。インプラントの場合、骨に埋め込む人工歯根が定着するためには一定量の歯肉が必要となります。ただし切開手術ですので、細菌感染で炎症を起こすなどのリスクもあります。

こんな方におすすめの施術です

  • 歯茎がやせてスキマが気になる方
  • 年とともに歯茎が下がって歯が見えてきた方
  • かぶせ物の形が合わなくなってきた方
  • 歯茎が黒ずんでいる、赤紫に変色している方
  • インプラントを入れたいが、歯肉が足りない方

歯茎が下がったりやせてしまうと、歯と歯の間のスキマが目立ったり、歯の根元が露出してかぶせ物が合わなくなってくるなど、審美的にもさまざまな悩み事が増えてきます。またタバコを吸う方や、コーヒー、赤ワインなどの飲み物をよく飲まれる方、血行が悪い方は歯茎の色が黒ずんだり赤紫になってしまうことがあるため、気になる方は審美歯科の歯茎・歯肉再生治療が良いかもしれません。歯医者さんに相談してみましょう。

歯茎・歯肉再生 体験者の口コミ・評判

  • セラミック体験者の口コミ

    気になっていた歯茎の黒ずみが消えた!

    以前から歯茎が黒ずみ、退化しているの感じていました。思い切って審美歯科に相談に行き、歯茎・歯肉再生治療を受けました。
    レーザー治療をお願いしたのですが、思った以上に自然な仕上がりで大満足!自分でもビックリするくらい(笑) 思いっきり笑うことができて、今本当に幸せです♪

  • 口コミ

    メタルタトゥーが嫌で、銀歯をセラミックに!

    前の歯医者さんで入れた銀歯のまわりだけ歯茎が黒ずんできました。別の 歯科に行くと、金属アレルギーが起きているせいだと言われ、いい機会なので審美歯科で治療を受けることに。レーザーで黒ずみを取ってもらい、かぶせ物を銀歯からセラミックに替えました。おかげで歯並びもきれいに見えるようになって嬉しい♪

歯茎・歯肉再生のギモン

ギモン

インプラントすると歯茎が下がる??

よく「インプラントを入れると歯茎が下がる」と言われることがありますが、インプラントによって歯茎が下がることはありません。ただしきちんとケアをしていないとインプラントと歯肉の間に細菌が入り込んで「インプラント周囲炎」と呼ばれる歯周病を起こし、歯周病と同じような症状になって歯茎がやせてしまうことがあります。正しくメンテナンスを行えば、そういったトラブルは回避できますので、インプラントを入れたから何もしなくてもいい!と思わずしっかりケアしていきましょう。

ギモン

歯茎・歯肉痩せはどうやって予防する?

歯茎が痩せたり下がったりする一番大きな原因は歯周病。歯茎下がりを防ぐには歯周病を防ぎ、症状が悪化しないように普段からしっかりとオーラルケアをすることが重要です。基本は毎日の歯磨き。朝起きた時、夜寝る前、できるだけ食後も歯磨きをして、食べかすや歯垢がたまらないよう口の中をできるだけ清潔に保ちましょう。歯ブラシは柔らかめを選んで、あまり強くゴシゴシ磨かないこと。歯磨きの後に歯茎を指でくるくると円を描くようにマッサージする「歯肉マッサージ」のもおすすめです。

歯茎・歯肉再生のギモンをもっと見る!

編集部おすすめの審美歯科クリニックを見る!

Page Top