審美歯科で治療出来るコト

審美歯科で治療出来るコト

エムドゲインとは?

歯周病により溶けてしまった歯槽骨や歯根膜などの再生を促す治療法エムドゲインの費用とメリット・デメリットとGTR法との違いを紹介します。

歯茎再生治療が得意なクリニックを見る!

エムドゲインとは?

エムドゲインとは歯周組織再生療法とも呼ばれ、歯周病により溶けてしまった歯槽骨や歯根膜などの再生を促す治療法のことです。
日本では2002年に厚生労働省の認可が下りた新しい治療法で、治療には豚の歯胚組織からできているエムドゲイン・ゲルという薬剤を使用し、これを歯根の表面に塗ることで、歯が生えるのと同じような環境を作り出して、歯周組織の再生を促します。
歯周病は悪化すると顎の骨まで溶かしてしまいます。歯と骨では再生スピードが異なるため、従来の治療法では歯肉が骨の部分に侵入してしまい、うまく再生できないのがネックでした。
エムドゲイン・ゲルは歯が形成される時に分泌されるたんぱく質と同じ成分なので、歯周組織の再生を促しながら、骨の再生スピードも高めてくれるメリットがあります。

エムドゲインの治療の流れ

1.麻酔をして、治療する部分の歯茎を切開します。
2.歯根の表面に付着している歯石やプラークを取り除きます。
3.歯が溶けてしまった部分にエムドゲイン・ゲルを塗布します。
4.切開した歯茎を縫合して、2週間ほどしたら抜糸します。
5.大体6週間ほどすると骨が再生してきます。

エムドゲインの費用

エムドゲインの治療は保険がきかない自由診療なので、治療費はすべて自己負担になります。
費用の相場は、1ブロック(すべての歯を6つに分けたブロックの1つ)で、5万~15万円くらいになります。
手術後は定期的な検診も必要です。

エムドゲインのメリットとデメリット

メリット

・歯周病の悪化によって失った顎の骨まで再生できる。
・比較的早く(6週間程度)効果が現れる。
・歯周組織が再生することで、ブラッシングしやすくなり歯周病の再発を防げる。
・顎の骨まで再生することで、歯茎下がりも解消できる。
・歯茎を切開して薬剤を塗るだけなので、手術が簡単で1時間ほどで済む。
・術後の痛みや腫れなどがほとんどない。

デメリット

・術後しばらくは患部になるべく触れないようにし、清潔に保つように気を遣う。
・治療後は定期的な検診やクリーニングが必要になる。
・すべてのケースで治療可能なわけではない。
・骨が水平に溶けて、広範囲に歯が下がっているような状態だと効果が見込めない。
・全体的に骨が溶けているような場合は治療できない。

エムドゲインとGTR法との違い

エムドゲインが普及するまでは、重度の歯周病の再生療法としてGTR法という治療法が主流でした。GTR法は、歯槽骨が失われた部分を人工膜で覆い、歯肉が入り込まないようにする方法で、治療の考え方はエムドゲインと同じです。
しかし、GTR法では歯槽骨の再生スピードが遅く、時間がかかることや手術が難しいという問題もありました。エムドゲインは人工膜を使用せず、歯槽骨の再生スピードも速いため、GTR法の問題点を解決した新たな治療法として注目を浴びています。

エムドゲインがおすすめの方

歯槽骨が部分的に溶けてしまっている方。

歯槽骨の溶け方や溶けた範囲によっては、エムドゲインの治療対応にならないこともあります。歯槽骨が部分的に垂直に溶けている方に適しています。

術後の注意点を守れる方

エムドゲインの手術をした直後は、歯茎の内側にジェル状の薬剤を入れてあるだけなので、抜糸するまではできるだけ触れないように細心の注意が必要になります。
指や舌で触らないようにするほか、歯ブラシやフロスも極力使わず、消毒薬などで清潔に保つことが必要です。

当サイトの「歯茎再生」に関するコンテンツ作成の方針

当サイトの「歯茎再生」に関するコンテンツは、日本歯周病学会「歯周病患者における再生治療のガイドライン2012」を参考にしつつ、エビデンスベースの記事作成に努めております。

【参照】日本歯周病学会「歯周病患者における再生治療のガイドライン2012」ttp://www.perio.jp/publication/upload_file/guideline_regenerative_medicine.pdf

【当ぺージ記事作成における参考ぺージ】
http://www.straumann.jp/ja/professionals/products-and-solutions/regenerative-solutions/tissue-regeneration.html

歯茎・歯肉再生のギモンをもっと見る!

編集部おすすめの審美歯科クリニックを見る!

Page Top