審美歯科で治療出来るコトインプラント・ブリッジのギモン

審美歯科のインプラント・ブリッジってどんな治療?

なくした歯のかわりに人工歯を入れて歯並びをよくする治療法といえば、審美歯科ではインプラントやブリッジが人気です。この2つにはどのような違いがあるのでしょうか? それぞれのメリット・デメリットや治療期間、費用相場などを解説します。

編集部おすすめの審美歯科クリニックを見る!

インプラント・ブリッジ

インプラント・
ブリッジとは?

審美歯科の「インプラント」と「ブリッジ」は、歯をなくして空洞になった部分に人工歯を入れて、歯並びや噛み心地をよくする治療法です。 インプラントは骨に人工歯根を埋め込み、上に人工歯をかぶせる方法で、天然の歯と遜色ない自然な見た目と、他の歯と同じような噛み心地の良さが手に入るというのが最大の特徴。ただし保険がきかない自由診療のため、費用が少し高めにかかるのが難点です。 一方ブリッジは、なくした歯と隣り合わせになった2本の歯を土台にして、人工歯を固定する治療法。ブリッジは保険が効くし、外科手術ではないため治療も短期間ですみますが、健康な歯を削る必要があるため、将来的にその歯を失うリスクを高めてしまいます。インプラントは、独立した人工歯を作り出す治療法のため、他の歯に悪影響を及ぼすことはありません。

  • 費用の相場

    審美歯科のインプラント・ブリッジの費用相場は、どんな素材を使うかによって大きく異なりますが、格安をうたったクリニックには危険も伴います。まずは治療費用の相場をチェックして、クリニック選びの参考にしましょう。

  • 治療回数目安

    一般的にインプラント治療には数か月~1年の期間が必要とされています。一方ブリッジは、短い人だと3回程度の通院で治療が完了します。インプラントは外科手術が必要なため、どうしても治療期間が長くなってしまう一方で、ブリッジは手術がいらないので比較的早く治療が終了します。

  • メリット・デメリット

    インプラントは天然の歯と変わらない見た目の美しさを取り戻すことができますが、保険内のブリッジ治療では、部位によっては銀歯になってしまいます。保険適用のレジン素材では、見た目の不自然さがあります。レジンは変色しやすいというデメリットも。

こんな方におすすめの施術です

  • 歯並びをよくしたい方
  • しっかり噛めて、食事をおいしく食べたい方
  • 人工の歯だと気づかれたくない方
  • 人前で話をする機会が多い仕事の方

審美歯科のインプラント・ブリッジは、なくした歯に人工歯を入れることでより自然で美しい歯並びを実現する治療法です。どちらも人工の歯を使うため、歯抜け部分を埋めるだけでなく、より理想に近い質感や色の歯を自由に選ぶことができますし、しっかり固定するので自分の歯のようにじっくり噛んで食べることもできます。歯並びに空洞がないため発音もキレイになり、人前で話す仕事の方にも人気です。

インプラント・ブリッジ 体験者の口コミ・評判

  • セラミック体験者の口コミ

    自分の歯みたい!明るくなったと言われました。

    インプラントを入れるかどうかずっと悩んでいましたが、不安なことを何でも教えてくれる誠実な先生に出会い、思い切ってお願いすることにしました。今ではインプラントにして大正解だったと思います。本当にしっかり噛めるようになりましたし、見た目も自然で、自分の歯じゃないことを忘れてしまうくらいです♪周りの人たちにも「最近明るくなったね」と言われました。

  • 口コミ

    前歯をインプラントにしたら表情までよくなった♪

    小さいときに事故に合い、前歯が欠けているのがコンプレックスでした。就職活動の時困らないために、大学に入学したときに審美歯科でインプラント治療を受けました。手術のたびに不安でしたが、完成した歯はすごく透明感のある仕上がりで、一番目立つ歯なのに全然違和感がないのにビックリ!見た目が変わるだけで自分の表情に自信が持てるようになりました。本当によかったです。

インプラント・ブリッジのギモン

ギモン

痛くない治療があるの?

ブリッジは外科手術がいりませんので、基本的にあまり痛みはありませんが、インプラントの場合は骨に穴を開けて歯肉を隔離させ、人工歯根を埋め込む手術が必要になります。ただし最近では体への負担を考えて「切らない手術」も人気。CT撮影とコンピューターを使って、埋め込むためのパーツを事前に作成することで、歯肉を切らずに行う方法で、「無痛治療」とも呼ばれています。「痛いのは苦手」「治療期間を短くしたい」という人におすすめです。

ギモン

一度治療したら一生モノ?

最近ではインプラントは10年後の残存率が90%以上にのぼっていますが、一方のブリッジは8年後の残存率が50%ほどで寿命が短いことがわかります。いずれにしても、審美歯科のインプラントやブリッジは一度作ったらそのまま一生使える、というものではありません。定期的なメンテナンスを行って素材の状態をチェックし、周辺の歯に虫歯や歯周病がないかを確認すること、ていねいな歯磨きケアなどを欠かさないことが、より長持ちさせるコツといえます。

インプラント・ブリッジのギモンをもっと見る!

編集部おすすめの審美歯科クリニックを見る!

Page Top