審美歯科で治療出来るコト
メタルボンドのギモン

審美歯科のメタルボンドについて知りたい!

審美歯科では、メタルボンドという素材を歯のホワイトニング時のかぶせ物に使用することがあります。かぶせ物の種類は他にもありますが、メタルボンドならではの特徴もあります。ここでは、メタルボンドを使用するメリットやデメリット、費用相場、治療回数の目安などについて、紹介していきます。

編集部おすすめの審美歯科クリニックを見る!

セラミック

メタルボンドとは?

メタルボンドは、セラミックによって金属製の土台が覆われたかぶせ物です。セラミックを歯の表側に使用することから、自然な色に仕上がるのが、メタルボンドの良いところ。金属が土台になっているため、耐久性があるのも特徴のひとつです。
メタルボンドには金属が使用されるため、金属アレルギーの方は不安に感じられるかもしれませんが、ゴールドやチタンなどの金属を選べば安心です。
他の素材と比較すると、オールセラミックより価格・強度・施術範囲の面で優れているメタルボンド。最高クラスのかぶせ物であるジルコニアセラミックより、手頃な価格なのにも注目です。保険適用の硬質レジンと比べると、見た目の点で圧倒的に優れています。

  • 費用の相場

    メタルボンドの費用相場は、1本あたり8万円から15万円程度。歯の型取りで、別途数千円かかる歯科クリニックもあります。決して安くはないので、歯科クリニックにかかるときには、あらかじめメタルボンドの費用を確認しておいたほうがよいでしょう。メタルボンドの治療後にも、メンテナンス代として1万円から5万円程度の費用がかかります。

  • 治療回数目安

    かぶせ物の治療には時間がかかりそうですが、メタルボンドの治療は最短2回で終わります。それ以上の治療回数がかかるケースは、虫歯などを先に治療する必要がある場合など。よりていねいな治療をしてもらいたい場合にも、治療回数が増えてくる可能性があります。治療前に回数について歯科医に確認しておきましょう。

  • メリット・デメリット

    メタルボンドのメリットは、何といっても自然な歯の色に仕上がる点です。かぶせ物の土台が金属であることから、耐久性があるのもメリットのひとつ。逆に、デメリットは、歯の裏に金属が見えてしまうこと、時間が経つと歯茎が黒ずんで見えることなどがあげられます。加齢によって、他の歯にダメージを与えてしまう可能性もあります。

こんな方におすすめの施術です

  • ・自然な色合いのかぶせ物にしたい方
  • ・耐久性の強いかぶせ物を選びたい方
  • ・金属アレルギーが心配な方

歯の表面にかぶせる素材がセラミックのため、メタルボンドは自然な色合いを出すことができます。見た目には、かぶせ物をしているなどと気付かれる心配が、ほとんどありません。にもかかわらず、土台に金属が使われているため、かぶせ物の強度が高く、耐久性があります。かぶせ物が取れてしまうのではないかと心配している方にも、おすすめです。金属アレルギーが心配な方は、アレルギーを起こしにくい金属を選ぶことができます。

メタルボンド体験者の口コミ・評判

  • セラミック体験者の口コミ

    神経のない歯にメタルボンドでかぶせ物

    神経がなくなってしまった歯に、メタルボンドでかぶせ物をしてもらいました。歯の黒ずみが気になっていたので、セラミックで歯の色をきれいにすることができてうれしいです。保険適用の治療法では、金属の精度の影響で黒ずみが早いということで、メタルボンドを選ぶことにしました。虫歯の影響や変色の予防対策にもなるようなので、安心しています。

  • 口コミ

    メタルボンドで笑顔が増えました!

    歯根の治療を受けた後に、メタルボンドでかぶせ物をしてもらいました。奥歯の治療でしたが、笑うと金属が見えてしまうのが嫌で、メタルボンドを選びました。きれいに仕上げてもらい、元の歯よりも白いのではないかと思えるほど。笑顔に自信がついて、周囲からも明るくなったと言われています。メタルボンドの治療法に出会えて、よかったです。

メタルボンドのギモン

ギモン

金属アレルギーでも大丈夫?

メタルボンドは、かぶせ物部分はセラミックですが、土台は金属製です。そのため、金属アレルギーを心配する方も多いようです。メタルボンドの素材には、プレシャス系とノンプレシャス系の2種類があります。プレシャス系は金や白金を使い、体に優しいのが特徴です。ノンプレシャス系はCo-Cr合金を使っていますので、金属アレルギーが心配な場合はプレシャス系を選ぶことをおすすめします。金属の溶け出しを防ぐこともでき、安心して治療を受けられます。

ギモン

メタルボンドの種類は何がいい?

メタルボンド用の金属には、多数の種類があります。金属アレルギーの方にもおすすめできるプレシャス系は、金や白金を75%以上使用しているのが特徴です。金や白金を90%以上使っているのは、ハイプレシャス系。金や白金が50%前後の素材は、セミプレシャス系と呼ばれています。ほかに、パラジウム系の素材が使われるメタルボンド治療もあります。どの素材が適しているかは、個人によっても異なります。歯科医とよく相談したうえで、選択してください。

メタルボンドのギモンをもっと見る!

編集部おすすめの審美歯科クリニックを見る!

Page Top