審美歯科治療についての不安をばっちり解消!【審美ジウム】人気クリニックの評判から審美歯科治療に関する疑問まで網羅! » 審美歯科治療でできるコト » セラミック治療のギモン » セラミッククラウンとは?その特徴

セラミッククラウンとは?その特徴

セラミッククラウンは、セラミック(陶器)を使って作られた人工歯やかぶせ物のことをいいます。セラミックだけを使ったものから最新素材で補強したものなど、さまざまなタイプがあります。セラミッククラウンの特徴をご紹介し、ギモンにお答えしましょう。

セラミッククラウンとは?その特徴

セラミック(陶器)を使って作られた人工歯、差し歯、かぶせ物のことを「セラミッククラウン」といいますが、セラミックは光を通して透明感があり、より自然な歯の色合いや質感を生み出すことができるということで、審美歯科では特に人気の高いメニューです。

セラミッククラウンの中で最も人気なのが、「オールセラミッククラウン」。セラミックだけを使って作り上げたクラウンで、透明感やツヤ感などが自然な歯に最も近いといわれています。ただ、セラミックは性質上とても割れやすいため、さまざまな素材を使って補強したセラミッククラウンが生み出されました。

たとえば、人工ダイヤモンドであるジルコニアの上にセラミックを焼き付けた「ジルコニアクラウン」です。ジルコニアは金属同様の強度があるため、割れやすいセラミックを補強する役割を持っているだけでなく、白い素材を透き通らせることで自然な歯の透明感を生み出すことができます。

また、二ケイ酸リチウムガラスを主成分とした「イーマックスクラウン」も耐用性に優れた最新のセラミッククラウンとして注目されています。

審美歯科でセラミック治療を考えている人へ
ワンポイントアドバイス

オールセラミックは、あらゆるタイプの人工歯の中で最も自然な歯にできる方法として絶大な人気を呼んでいます。ナチュラルなだけでなく、理想の歯の形に成形できるため、より美しい歯並びを生み出せるのが魅力です。ただし、そのぶん費用が高くなる傾向が強いので、予算と相談しながら使用を検討しましょう。

セラミック治療でよくある質問

よくある質問イメージ

Question01

セラミッククラウンが出来ない人はいる?

基本的に虫歯が広範囲にある人や、歯周病のある人は、セラミッククラウンを装着することができません。また歯ぎしりの激しい人や、上の歯の先端が下の歯に当たってしまう受け口の人は、せっかく着けたセラミックを傷つけたり破損してしまう可能性があるため、治療ができない場合があります。

よくある質問イメージ

Question02

クラウンがぐらつき始めたらどう対処すればいい?

適切に装着したセラミッククラウンは簡単に外れるものではありませんが、もしぐらぐらしているようでしたら虫歯や歯周病など、土台になっている歯に何らかのトラブルが起きている可能性があります。また、歯ぎしりが激しい人や、固いものを好んでよく食べる人は、セラミッククラウンに負荷がかかりやすくなり、ぐらつきが起きる場合もあります。 その場合は放置せず、できるだけ早く歯科医に診てもらうことをおすすめします。

あわせて読みたい

【PickUP!】
東京のセラミック治療なら

イメージ

セラミック治療を検討している人に向けて、東京のおすすめ審美歯科クリニックを紹介します。

【PR】おすすめクリニック

精密審美会
精密審美会

tel:0120-118-041

公式HPを見る

KU歯科クリニック
KU歯科クリニック

tel:0120-66-2118

公式HPを見る