審美歯科治療についての不安をばっちり解消!【審美ジウム】人気クリニックの評判から審美歯科治療に関する疑問まで網羅! » 審美歯科治療でできるコト » ガミースマイル治療のギモン » ガミースマイルと遺伝の関係

ガミースマイルと遺伝の関係

笑ったときに必要以上に歯茎が目立つガミースマイルで悩んできた方、もしくはパートナーがガミースマイルなどの理由で、子どもにもガミースマイルが遺伝してしまうのか気になっている人も多いのではないでしょうか。ここではガミースマイルは遺伝するのか、ガミースマイル治療を開始する時期などについてご紹介します。

ガミースマイルは遺伝するの?

ガミースマイルは遺伝的な要素が強く働くと考えられています。なぜならご両親のどちらか、またはご両親ともにガミースマイルの場合、あごの骨格や歯の大きさなどガミースマイルの原因となる要素が子どもに遺伝する可能性があるからです。

子どもの場合は永久歯に生え替わるタイミングでガミースマイルが改善されるケースがあるものの、基本的には自然に治るものではありません。ただ、成長過程の子どもはあごの骨や筋肉などが柔軟で発育をある程度コントロールできるため、早めにお医者さんに相談することがご両親が子どもにしてあげられる一番の対策法です。

子どものガミースマイルを治療するならいつから?

子どもの矯正治療の開始時期は「一期治療」と「二期治療」に分かれます。それぞれの適齢期や治療の違いなどについてまとめてみました。

一期治療

一期治療の適齢期は6歳~11歳頃です。一期治療では永久歯がきれいに生えそろうように上下のあご骨を調整する治療や、永久歯が生えるスペースを作るための矯正治療が中心になります。あごの骨の状態や歯並びを確認した上で治療方針を決定し、適切な矯正装置を選択。一期治療で使用される矯正装置は部分的なブラケットをはじめ、マウスピース、プレート、ヘッドギアなどです。

一期治療は6歳からが適齢期となっていますが、医師の診断によっては3歳頃から開始することもできます。健診などで噛み合わせを指摘されたり、ガミースマイルかもしれないと感じたりした場合は早めにお医者さんに相談してみましょう。

二期治療

二期治療の適齢期は小学校高学年~中学生くらいまでです。永久歯が生えそろっている場合が二期治療の範囲となります。治療は歯列矯正が中心。基本的な治療法は大人の矯正と同じです。歯列矯正の治療法としてイメージされやすいワイヤー矯正は、二期治療で行なうのが一般的。そのほかの治療法としてはマウスピースなどの装置を使用する場合もあります。

遺伝ではなく生活習慣によるガミースマイルの可能性

子どものガミースマイルは歯や骨格などの遺伝的要因だけでなく、指しゃぶりや悪い姿勢、口呼吸、舌を置く位置が低いなどの悪い習慣や癖による可能性があります。これらの習慣を続けることで口腔周辺の筋肉のバランスが悪くなり、不正咬合を引き起こしやすくなってしまうのです。そのため、子どものうちに悪い癖を止めさせることで不正咬合によるガミースマイルを予防できます

歯科クリニックによっては口腔周辺の筋肉を鍛える「MFT(口腔周囲筋機能療法)」を行なっているところもあり、正しい呼吸法や食べ方、舌や唇の位置などを覚えることで歯並びを悪くする習慣や癖を改善することが可能です。トレーナーと呼ばれる筋機能矯正装置でも、悪習癖の改善やあごの健全な成長を促せます。どちらも永久歯が生えそろっていない時期に開始するのが効果的です。

ガミースマイルと遺伝の関係が気になる人へ
ワンポイントアドバイス

ガミースマイルは原因によって適切な治療法が異なるため、歯科クリニックを選ぶ際は正確な診断につながる検査設備が揃っているか、知識や経験が豊富な医師に担当してもらえるかなどをしっかり確認しましょう。矯正治療は成長期の子どものうちに取り組んだほうが大人になってからよりも改善を期待しやすいので、子どもにガミースマイルが遺伝するか不安な場合はもしものときのために頼りになりそうな歯科クリニックを探しておくと安心です。

ガミースマイル治療でよくある質問

よくある質問イメージ

Question01

子どもの矯正治療は保険が適用される?

大人の矯正と同様に、子どもの矯正治療も原則的に保険は適用されません。理由としては、矯正治療は審美的な処置という側面が強いためです。ただし、顎変形症によるガミースマイルで外科手術が必要な場合は、保険が適用される可能性があります。保険適用の矯正治療はどこでも受けられるわけではなく、厚生労働省から指定自立支援医療機関に認定された歯科クリニックのみです。まずは、歯科クリニックで保険が適用されるかどうか相談してみましょう。

よくある質問イメージ

Question02

矯正歯科と小児歯科のどちらを選べばよい?

小児歯科の場合、歯の生え変わり状況などを確認しながら最適なタイミングで矯正治療を開始しやすいほか、虫歯治療や歯周病予防など継続的なサポートを受けられるメリットがあります。高度な治療技術が必要な矯正治療の場合は、矯正専門の歯科クリニックに相談するのも良いでしょう。どちらにしても小児歯科や矯正歯科の専門医あるいは認定医が在籍しているか、十分な検査や丁寧な説明をしてくれるか、無理に治療を勧めてこないか、など安心して任せられる歯科クリニックかどうかの慎重な判断が重要になります。

あわせて読みたい

【PickUP!】
東京のセラミック治療なら

イメージ

セラミック治療を検討している人に向けて、東京のおすすめ審美歯科クリニックを紹介します。

【PR】おすすめクリニック

精密審美会
精密審美会

tel:0120-118-041

公式HPを見る

KU歯科クリニック
KU歯科クリニック

tel:0120-66-2118

公式HPを見る