審美歯科治療についての不安をばっちり解消!【審美ジウム】人気クリニックの評判から審美歯科治療に関する疑問まで網羅! » 審美歯科治療でできるコト » ホワイトニングのギモン » ホワイトニングの痛みについて解説

ホワイトニングの痛みについて解説

歯医者さんというと、痛くて怖いイメージがある方も少なくないのでは? 歯の黄ばみや着色汚れが気になっても、ホワイトニングで痛みを感じるのではないかと心配しているかたもいることでしょう。歯のホワイトニングでは、基本的に痛みはありませんが、痛みが出るときもあります。その原因や疑問について、お話します。

ホワイトニングで痛みが出る原因

歯のホワイトニングは、虫歯の治療のように、歯を削るようなことはありません。神経に触れる治療でもないのですが、ときには治療中に痛みを感じる可能性があります。人によっては、痛みを強く感じたり、長引いたりすることも。歯のホワイトニングにおける痛みは、何が原因なのでしょうか。 歯の表面はエナメル質に覆われていて、外部の刺激から歯を保護しています。内部には象牙質と知覚神経があります。エナメル質が薄くなっていたりすると、象牙質の知覚神経が刺激されやすくなり、痛みを感じることがあるのです。その刺激を感じる主な原因は、4つあります。

ホワイトニングで刺激を感じる原因

  1. ホワイトニングに使用する薬剤が強力すぎる
  2. ホワイトニングには高濃度の過酸化水素水が使われることが多く、歯の表面にヒビがあるときなどはしみやすくなります。

  3. ホワイトニングに使用する機器から出る光の熱
  4. ホワイトニングの効果を高めるために光を照射するのですが、知覚過敏の人などは痛みを感じることがあります。

  5. 歯が削れていたり、表面にヒビが入っていたりする
  6. もとから歯にダメージがあると、痛みを感じやすくなります。

  7. 虫歯の治療などで、すきまができている
  8. 昔の虫歯で今は痛みがなくても、ホワイトニングの薬剤がしみる可能性があります。

ホワイトニングを考えている人へ
ワンポイントアドバイス

歯のホワイトニングの痛みを防ぐためには、歯科医に相談すれば、ホワイトニング薬剤の濃度や時間を調節してくれます。治療中だけでなく、治療後にも痛みが持続する場合があるため、対処法を覚えておきましょう。例えば、冷たいものを避けるのも、対処法のひとつ。歯のエナメル層を強くするために、フッ素でケアする方法もあります。

ホワイトニングでよくある質問

よくある質問イメージ

Question01

虫歯治療は、歯のホワイトニング後でも大丈夫?

歯のホワイトニングが起こる原因は、歯に何らかのトラブルがある場合です。虫歯もそのひとつで、ホワイトニングの前に治療をしておかないと、ホワイトニング治療中に痛みを発生することがあります。知覚過敏も同様で、ホワイトニングの前に治療をしておくことが大切です。痛みを防ぐために、ホワイトニング薬剤の濃度を薄めることも可能ですが、薬剤の濃度の薄さが治療期間を延ばしてしまうこともあります。短期間でホワイトニングを完了させるためには、虫歯や知覚過敏の治療が必須だと考えておきましょう。

よくある質問イメージ

Question02

ホワイトニングの痛みに鎮痛剤を飲んでもOK?

歯のホワイトニング治療で痛みを感じることがあっても、多くの場合は持続しない痛みです。一種、キーンと痛くなった後に、スーッと引いていくようなタイプの痛みですので、虫歯のようにうずくような痛みはありません。痛みがどうしてもひどい場合には、歯科医に鎮痛剤を処方してもらうこともできます。歯のホワイトニング後に、塗り薬を塗ってもらうことも可能です。 歯のホワイトニングの痛みには個人差があるので、心配な場合はあらかじめ歯科医に相談しておきましょう。

あわせて読みたい

【PickUP!】
東京のセラミック治療なら

イメージ

セラミック治療を検討している人に向けて、東京のおすすめ審美歯科クリニックを紹介します。

【PR】おすすめクリニック

精密審美会
精密審美会

tel:0120-118-041

公式HPを見る

KU歯科クリニック
KU歯科クリニック

tel:0120-66-2118

公式HPを見る