審美歯科治療についての不安をばっちり解消!【審美ジウム】人気クリニックの評判から審美歯科治療に関する疑問まで網羅! » 審美歯科治療でできるコト » ラミネートべニアのギモン » ラミネートベニアの費用相場は?

ラミネートベニアの費用相場は?

ラミネートベニアをするにあたって疑問となるのは料金です。ホワイトニングと比較して、どちらがお得なのか、手が届きやすい費用なのかなど、気になることはたくさんあるはず。あらかじめ費用相場を知っておけば、ラミネートベニアを提案されたときでも、スムーズに決断できるでしょう。また、ラミネートベニアのメリット・デメリットと他の治療法との違いも説明します。

ラミネートベニアの治療方法は?

ラミネートべニアは、歯を白くする治療法の一つ。歯の表面を薄く削って、その上にシェルと呼ばれる薄い人工の歯を貼り付けることで、白い歯に仕上げる治療法です。歯の表面を削る過程で、歯の形をわずかに変えることもできるので、白さに加えて美しい歯並びを手に入れることもできます。

表面に張り付ける人工の歯は、基本的には白色なのですが、同じ白色でも系統が異なった複数の白色が用意されています。漂白されたような真っ白なものもあれば、ブラウン系統やグレー系統、イエロー系統の白色などもあり、これらの色の中から、歯科医師と相談のうえ希望の色を選んでいきます。

治療の初日は、まず歯科医師による綿密なカウンセリングからスタート。どんな色の歯に仕上げたいのか、歯並びをどのようにしたいのかなど、患者と歯科医師との間で、イメージをしっかり共有します。その後、希望の歯の表面を削る治療を行ないます。さらに後日の治療で、歯の表面に人工歯を貼り付けて治療は終了です。治療は基本的に「削る」「貼り付ける」の2段階に分けられますが、シェルの状態の確認などを含め、平均して3~5回の通院が必要になると言われています。

歯列矯正の費用相場は?

少しでも安い費用でラミネートベニアの治療を受けたいと考える人もいるでしょう。しかし、安いクリニックを選ぶと思わぬ落とし穴にはまるかもしれません。ラミネートベニアの費用相場と関連事項について、見ていきましょう。

ラミネートベニアの費用相場

ラミネートベニアの費用相場は、一般的に5万円から15万円程度といわれています。歯1本あたりの費用で、1本5万円の歯科クリニックなら、4本で20万円かかるという計算です。

ラミネートベニアは自由診療

ラミネートベニアの費用が高額なのは、自由診療だからです。健康保険が適用されないため、診察や治療にかかる金額はすべて自己負担となります。自由診療のメリットは、歯科医が最良の治療法を提案できること。保険診療では限られた範囲の治療しか行えないため、歯の治療にも限りがあります。

料金が明瞭な歯科クリニック

自由診療とはいえ、あらかじめ費用を明示してくれなければ、治療を任せるのは不安です。ラミネートベニアの提案をされると同時に、料金を明示してくれる歯科クリニックを選ぶようにしましょう。

料金に見合った知識と技術

ラミネートベニアの知識や技術が、乏しい歯科医もいます。ですので、実績が高く、腕がいいと評判の歯科医を選ぶことが大切になります。そのような歯科医に任せれば、料金に見合った治療を受けられるはずです。

ラミネートベニアの治療期間は?

ラミネートべニアの一般的な治療期間は、おおむね3~4週間程度を考えておいてください。初回の通院にてカウンセリングや写真撮影、レントゲン撮影、仮歯用の型取りなどを行ない、2回目の通院にて歯の表面を薄く削ります。その約1週間後、3回目の通院にて完成したラミネートべニアを装着します。この段階で治療は終了しますが、多くの場合、ラミネートべニアの接着状態の予後確認のため、プラス1~2回の通院が必要となります。予後確認のための通院も含め、トータルで3~4週間の期間を要すると考えておきましょう。

ラミネートベニアのメリット・デメリット

ラミネートベニアのメリット

ラミネートベニアのデメリット

ラミネートベニアで審美治療を考えている人へ
ワンポイントアドバイス

費用が高いか安いかだけで、ラミネートベニアの治療を受ける歯科クリニックを選ぶのは危険です。まずは、ラミネートベニアについて知識も技術もしっかり備えた歯科医を選ぶこと。そのうえで、費用を事前に明示してくれる歯科クリニックであることが大切になります。つまり、適正な料金でラミネートベニアの治療をしてくれるかどうかが重要なのです。

ラミネートベニアの審美治療でよくある質問

よくある質問イメージ

Question01

ラミネートベニアは医療費控除を受けられる?

基本的に、審美歯科では健康保険が適用されません。そのため、自由診療として受けた治療費は、全額が自己負担となります。ラミネートベニアの費用が高くつく理由も、自由診療だからです。自由診療では医療費控除も受けられないのではないかと心配する方もいるでしょう。審美歯科で受ける治療の中にも、医療費控除を申告できる場合があります。ただし、美容目的の治療は医療費控除の対象外です。対象になるのかどうか、歯科医に相談してみましょう。

よくある質問イメージ

Question02

ラミネートベニアは素材によって費用が違う?

ラミネートベニアに使用される素材には種類があり、歯科クリニックによっても扱う素材が異なります。色や体との相性、費用によっても選べますので、素材の選択肢と費用の関係についても考えておきましょう。スタンダードな色と素材のラミネートベニアで5万円程度、さらに自然な歯の色に近づけた色と素材で10万円を超える料金を設定している歯科クリニックもあります。歯科医と相談しながら決めていきましょう。

あわせて読みたい

【PickUP!】
東京のセラミック治療なら

イメージ

セラミック治療を検討している人に向けて、東京のおすすめ審美歯科クリニックを紹介します。

【PR】おすすめクリニック

精密審美会
精密審美会

tel:0120-118-041

公式HPを見る

KU歯科クリニック
KU歯科クリニック

tel:0120-66-2118

公式HPを見る